カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

アルコール系脱脂処理剤

コーティングやワックスに脱脂は必要か?脱脂の必要性。

 コーティング剤の効果を確実に発揮させるためには、塗装に残った油分を除去する必要があります。CPMストアで取り扱っているコーティング剤は非常に密着力が強いため、脱脂処理を行わなくても多くの場合は効果が得られてしまいます。

 しかしながら、コーティング効果の持続性や、撥水や防汚性能という基本的な部分にも差が出ることがありますので、確実に効果を得たい場合には使用することを推奨しております。

アルコール系の脱脂能力に関して。

 石油系有機溶剤の、いわゆるシリコンオフと呼ばれるような製品と比較して油分を除去する能力に関しては劣ります。シリコンオフは多くの種類の油脂類を溶融させますが、アルコール系の脱脂剤の場合溶かすことのできない油脂類もあります。

 よって脱脂、下処理剤の強度としてはそれほど強力ではありませんが、目的はコーティング剤の密着性を「確実」にすることであって付着物の完全剥離ではありません。当製品で十分は脱脂性能が得られます。

 強すぎる溶剤は使い方によって塗装やパーツを傷めてしまう可能性もあり、その点でもCPMのアルコール系脱脂溶剤は安全性が高いと言えます。

成分や配合〜使用用途などの特徴

 イソプロピルアルコール、プロパノールなどと呼ばれるアルコールを使用し、揮発性や脱脂強度の調整として不純物を排除したイオン交換水で希釈しております。これによって適度な除去性能、かつ過度な揮発性の抑制をしています。(高温時には揮発性が高くなります。)

 石油系有機溶剤と異なる大きな利点として、汎用性の高さが挙げられます。

 石油系は字の通り「油」なので水と相性が悪く混ざりません。本製品は高温時に揮発性を抑えたい時には水で希釈することも可能です。希釈することによって、車内のガラスのヤニ落としなどにも使用できますし、外装ではこびり付いた鳥の糞や虫の死骸を(洗車中に使用して)溶解除去したりすることも可能です。

 シリコンオフのような溶剤を車内で使うと臭いが抜けるまでに相当な時間がかかりますし、シート表皮などに付着した場合はもっと長い時間がかかります。

なぜ? あえて アルコール系の脱脂溶剤である意味

 多くの脱脂処理剤は石油系有機溶剤に分類される製品でカー用品店、ホームセンター、ディテーリング業界でもこれらが用いられることは非常に一般的です。

 そんな中でCPMの脱脂処理剤に関しては何故かアルコール系を製品化しております。そこにはCPMのこだわりが詰まっておりますので是非ご一読の上、購入の検討をしていただければと思います。

アルコール系と石油系脱脂溶剤を徹底的に比較 デメリットまで公開

 多くの脱脂処理剤が石油系有機溶剤なのに対してなぜCPMの脱脂処理剤はアルコール系なのか?理由は以下のメリットを参照していただければご理解いただけると思います。

■アルコール系脱脂処理剤のメリット

  1. 石油系の脱脂処理剤と比較して樹脂、プラスチック素材への攻撃性が低い。
  2. 石油系特有の臭いが残らずに、室内ガラスでも使用出来る。アルコール臭はすぐに抜ける。
  3. ヤニ落とし、鳥フン、虫の死骸除去など非常に汎用性が高い。
  4. CPMの硬化系コーティング剤の反応を阻害する要素がない。

■アルコール系脱脂処理剤のデメリット

  1. 石油系の製品と比較して脱脂能力が低い。
  2. 市販製品として代用可能な製品はあるかもしれないが入手が難しい。

■石油系脱脂処理剤のメリット

  1. ほとんどの油脂汚れを除去できる脱脂能力の高さ。
  2. 通販などに頼らずホームセンター等でも手軽に入手できる。

■石油系脱脂処理剤のデメリット

  1. 脱脂効果が高い反面、樹脂やゴムパーツへの攻撃性が高く扱いに注意が必要。
  2. 室内ガラスの清掃などには使えず汎用性は低い。
  3. 使用したクロスへの臭い移りが激しく再使用できない。
  4. 油性なので基本的には水分を完全に除去した状態でないと使用できない。
  5. 石油系溶剤の残量物があるとCPMのコーティング被膜に悪影響を与える。

比較結果でわかること

 製品の目的は「塗装面の脱脂」です。したがって脱脂性能が劣るアルコール系脱脂処理剤はデメリットの数が少なくても製品の性能的に非常に不利だと感じるかもしれません。

 しかしながらCPMの硬化系コーティングは密着性能が非常に高く「アルコール系脱脂処理剤」で除去できる範囲の脱脂が行われている状態なら問題なく定着します。

 更に重要なのはCPMのコーティング剤と相性が良く、被膜の反応に悪影響を与えません。逆に石油系有機溶剤が塗装面に残留した状態での施工、またはクロスなどに残留していた場合に被膜が変質し本来の被膜特性が得られない可能性があります。

以上のような結果から CPMの脱脂剤はアルコール系 になっております。

脱脂処理剤の施工方法・使用方法

  1. まず洗車を行なって砂埃や泥などはしっかり除去しておきます。
  2. クロスを2枚以上用意します。出来れば4〜6枚。
  3. 保護手袋を装着しタップリと本製品の液を含ませたクロスでボディー面を拭きます。
  4. ボディーが乾き切らないうちに乾いたクロスでボディーを拭きます。
  5. クロスが汚れたら面を変えながら3〜4を繰り返して脱脂の作業を進めていきます。

脱脂作業に関しての詳細は脱脂作業〜CPMホームページ偏も参考にしてください。

アルコール系脱脂処理剤

価格:

1,080円 (税込)

[ポイント還元 10ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

アルコール脱脂処理剤性能評価

ページトップへ